がんの放射線治療あんしんガイド

各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

切らずにがん細胞にアプローチがんあきらめないため
放射線治療すべて

通院治療ができて身体への負担も軽い注目の治療法

放射線治療とは高エネルギーの放射線を照射してがん細胞を傷つける治療法のことで、外科的手術や抗がん剤治療と並んでがんの三大治療法の1つとして知られています。 このサイトでは通院だけで治療ができたり、局所療法なので副作用が少なく身体への負担も軽いといったメリットがある放射線治療について様々な角度から紹介します。

放射線治療とは

放射線治療とは、手術や抗がん剤治療と並ぶ主要な治療方法です。放射線を照射して治療をするため、手術と違い麻酔をする必要がありません。患者にとって負担の少ない治療法とえいます。さらに、がん細胞にダメージを与えて破壊するため痛みを感じません。放射線治療だけが行われることもありますが、乳がんなどの場合では、薬物治療や手術などと併用して行われることもあります。例えば、手術前後に行って再発を防いだり、骨に転移したがんに放射線をあてて痛みを緩和させたりといったことも行われます。また、これらの治療法が行われるときは担当医の他、様々な医師が集まって治療法の進め方が議論されます。色々な人とチームを組むことで、治療をスムーズに進められます。

がん種類別みるステージごと放射線治療

img

手術困難な状況でも治療効果が高い放射線治療

がんには発生する部位によって種類があります。さらに進行度によって、4つのステージに分かれており、患者の病状や、体力に合わせた治療が行われます。

がんの治療は外科的手術による腫瘍の切除が基本です。しかしステージによっては手術が困難なケースがあります。

そこで選択されるのが、切開を必要としない放射線治療。近年は技術の向上により手術と同等の効果を得るまで達しています。各ステージでのどのような放射線治療が行われるか解説します。

乳がん

乳がん

放射線治療との併用で全摘手術が減ってきた

早期発見のステージ1でも以前は乳房全摘手術が主流でした。最近は放射線治療と併用し、全摘せずに済むケースが増えています。ステージ4になると手術による治療が難しくなるため、抗がん剤治療や放射線治療でがんの進行を抑える治療が中心になります。

子宮がん

子宮がん

全摘手術後の補助または緩和療法として採用

子宮頸がんは放射線治療が適用され、欧米ではステージ1,2でも放射線治療が主流です。日本では全摘出術後の補助療法として使われることが多いです。また全身への複数転移が見られるステージ4では緩和療法の一つとして放射線治療が採用されます。

消化器系がん

消化器系がん

食道がんに効果が出やすく、組み合わせ治療に使用

消化器系がんには胃がんや食道がんがあります。放射線治療は胃がんよりも食道がんに効果が出やすいと言われます。治療は手術が一般的ですが、近年は放射線と抗がん剤の組み合わせ治療も増えています。ステージ4では痛みの緩和などに利用されることが多いです。

呼吸器/泌尿器/生殖器系がん

呼吸器/泌尿器/生殖器系がん

ピンポイント照射という特徴を生かした治療が有効

肺がんや前立腺がんなどで実績が多く、特にピンポイント照射が可能という特徴を生かした肺がんの治療が有効です。ステージ3以降では、手術や抗がん剤治療と放射線治療を組み合わせにより、これまで難しかった多発性肺がんの治療も可能になっています。

感覚器/内分泌/運動器系がん

感覚器/内分泌/運動器系がん

QOLが良好なので舌がんでは初期の段階から適用

放射線治療が効果的なものに舌がんがあります。治療後の生活の質(QOL:クオリティ・オブ・ライフ)が良好なので、ステージ1の段階から放射線治療が適用されることも。ステージ3ではがんの切除とリンパ節郭清(転移を予防の為のリンパ節切除)が基本となり、ステージ4になり、がんの切除が困難な場合は、緩和療法として利用されます。

脳腫瘍/脊髄腫瘍/その他のがん

脳腫瘍/脊髄腫瘍/その他のがん

手術困難な悪性脳腫瘍に対して有効に活用される

脳腫瘍は早期であれば摘出手術を行えば済みます。進行してステージ3以降になると、外科手術での治療が困難になり、放射線治療が適用されるようになります。放射線治療では、悪性脳腫瘍に対して放射線治療機器のひとつ「トモセラピー」や「ガンマナイフ」有効とされ、成果を上げています。

すい臓がん

すい臓がん

患者の8割が手術ができない状況。高精度放射線治療に期待

すい臓がんは初期段階では、自覚症状がなく、早期発見が難しいがんです。発見時には患者の8割が手術ができない状況で、放射線治療の果たす役割が大きいと言われております。現在は症状の緩和に利用されることが多いですが、ピンポイント照射が可能な高精度放射線治療が、今後の新しい治療法として期待されています。

転移したがん

転移したがん

転移の広がりを抑えてがんを縮小させることが目的

がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗り、別の臓器などに移動して成長したものを転移がんと呼びます。手術が難しいケースが多く、抗がん剤治療や放射線治療などで転移の広がりを抑えてがんを縮小させることが主な治療法となります。
 

COLUMN自由診療
保険診療違いとは

保険診療のような治療制限が無い自由診療

自由診療と保険診療とでは自由診療のほうが治療費が高くつくというマイナスイメージがあります。しかし自由診療は治療範囲に制限が無いため、可能な限り治療を尽くすことができ、治癒率が高くなるというメリットもあります。患者の病状やステージによっては自由診療を選択肢の一つとして考える必要があります。

クリニック特集東京から通院できる放射線治療得意医療機関リスト

放射線治療は代表的ながんの治療法で、これまでは補助的なイメージが強い部分もありました。しかし最近は技術の進歩により照射精度が高くなり、患者の身体的負担も少ないため特に注目されています。放射線治療は病院によって受けられる内容は違いますし、情報不足によりどこに行けばよいかわからないといったことがあります。そこで東京周辺で評判の良い医療機関をピックアップしました。

クリニックC4

所在地
東京都渋谷区元代々木町33-12

局所制御率80%、打つ手がないと言われた患者でも良好な結果を出すクリニック

末期のがんでも積極的に放射線治療を行い、局所制御率は80%を誇ります。トモセラピーによる、複数のがん病巣を同時治療、精度の高い集中照射が可能です。がん細胞の放射線耐性を下げる薬剤を併用、少ない放射線量で充分な効果が得られ、体の負担がすくない治療を行っています。

  • クリニックの特徴
  • ステージ4
  • 自由診療
  • 分子標的照射
  • 免疫療法を併用
  • 寛解を目的
  • トモセラピー

苑田会放射線クリニック

所在地
東京都足立区保木間3-4-19

紹介状不要で患者を受け入れ進行度に合った放射線治療

2名の放射線治療専門医が常勤し、紹介状不要で病状を問わず受け入れる姿勢が高い評価を受けています。幅広く放射線治療を実施するために汎用性のあるリニアックを採用しています。

  • クリニックの特徴
  • ステージ1~3
  • リニアック
  • セカンドオピニオン外来

都立駒込病院

所在地
東京都文京区本駒込3-18-22

各科連携と最新機器導入で高度な医療サービスを提供

がん・感染症の治療を行う専門医療機関として高度な医療サービスを提供。最新型のリニアックを複数台導入して精度の高い放射線治療を行います。一方で総合病院という側面もあり各診療科が横断的・有機的に連携して、患者にとって最善の治療方法を提案します。

  • クリニックの特徴
  • リニアック
  • ステージ1~3
  • 手術と併用
  • 化学療法と併用
  • 緩和ケア

東京放射線クリニック

所在地
東京都江東区有明3-5-7

高精度放射線治療の専門クリニック

一般的な放射線治療だけでなくコータック治療も行う、高精度放射線治療の専門クリニックです。保険診療だけでなく自由診療にも対応。心身への負担も軽減しつつ、がん患者とその家族をサポートします。

  • クリニックの特徴
  • ステージ4
  • QOL向上
  • 緩和治療
  • 保険診療
  • 自由診療

国立がん研究センター中央病院

所在地
東京都中央区築地5-1-1

先端的な医療サービスを提供する日本のがん研究・治療の拠点

日本のがん研究・治療の拠点として先端的な医療サービスを提供しています。最先端の放射線治療機器が導入され、放射線治療と外科手術や薬物療法との併用により治療効果を高め副作用を軽減する工夫を行っています。

  • クリニックの特徴
  • サイバーナイフ
  • リニアック
  • 保険診療
  • 手術と併用
  • 薬物療法と併用

がん研究会有明病院

所在地
東京都江東区有明3-8-31

日本最大のがん専門施設としてチーム医療に注力

日本初のがん専門病院で、現在も病床数700の日本最大のがん専門施設として最新のがん医療を提供しています。患者を中心としたチーム医療の方針を掲げ、各科の専門家が集まり全人的ケアに注力。放射線治療ではリニアック使用による治療も行っています。

  • クリニックの特徴
  • リニアック
  • ラピッドアーク
  • ラルス
  • 化学療法と併用
  • 外科手術と併用
  • 緩和ケア

東京ベイ先端医療・幕張クリニック

所在地
千葉県千葉市美浜区豊砂1-17

放射線科専門医を中心にチーム医療でスピード対応

最新機器を使った早期診断と強度変調放射線治療(IMRT)が行える民間の医療施設として開院したクリニックです。 治療経験豊富な院長を含め日本医学放射線学会放射線科専門医が2名在籍。チーム医療を重視していてスピーディな診断と対応を実現しています。

  • クリニックの特徴
  • PET-CT
  • 保険診療
  • 自由診療
  • 地域連携

東京ミッドタウン先端医療研究所

所在地
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6F

他の医療機関と密接に連携し最適な治療法を提案

最新の免疫療法(樹状細胞ワクチン療法)でのがん治療を中心として、症状に合わせて様々な治療法を提案しているクリニックです。他の専門医療機関と密接に連携しているので、手術や化学療法、放射線治療などの分野でネットワークを活用した併用治療が可能です。

  • クリニックの特徴
  • 免疫療法
  • 自由診療
  • 放射線治療と併用
  • 化学療法と併用
  • 連携医療

川崎幸病院 放射線治療センター

所在地
神奈川県川崎市幸区大宮町31-27

最新の治療装置とチーム医療で優れた放射線治療実績

最新機器を導入し医師と各分野の専門スタッフが連携したチーム医療により、がんの放射線治療を専門に行う医療機関です。エレクタシナジーの照射精度と医療技術の高さにより、頭頸部腫瘍、乳がん、肺がん、食道がんなどにも対応し、優れた治療実績があります。

  • クリニックの特徴
  • エレクタシナジー
  • 保険診療
  • 連携医療
  • セカンドオピニオン

ICVS東京クリニック

所在地
東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル4F

再発がんや進行がんを対象に免疫療法をメインに救命

手術適応のない再発がんや進行がんを対象に、樹状細胞を用いたHITV療法で救命を目指した治療を行っている医療施設です。免疫治療と放射線治療をうまく組み合わせることで病巣の局所制御を可能にし、さらに化学療法との併用により完全治癒を誘導します。

  • クリニックの特徴
  • 免疫療法
  • ステージ4
  • 化学療法と併用
  • 放射線治療と併用
  • 寛解を目的

タカラクリニック

所在地
東京都品川区東五反田2-3-2 タイセイビル9F

TCTP療法により末期がん患者を対象に優れた治療実績

末期がん患者を対象に免疫治療、遺伝子治療、放射線治療を組み合わせたTCTP療法で成果を上げているクリニックです。放射線治療との組み合わせ治療によりがん細胞を排除する体内環境を作り出す仕組みで優れた実績を上げ、海外からの来院者もいるほどです。

  • クリニックの特徴
  • 免疫治療
  • ステージ4
  • 放射線治療と併用
  • 遺伝子治療と併用

宇都宮セントラルクリニック

所在地
栃木県宇都宮市屋板町561-3

免疫細胞療法を柱に多角的アプローチでがん根絶を目指す

予防医学を重視し、最新鋭の検査機器と連携医療によりがんの検査や生活習慣病治療など幅広く対応するクリニックです。免疫細胞療法を柱に抗がん剤、化学療法、放射線治療と組み合わせて最大の効果を上げることを基本に多角的アプローチでがんの治療を行います。

  • クリニックの特徴
  • 免疫細胞療法
  • 放射線治療と併用
  • PET-CT

machine放射線治療の種類とその効果

放射線治療にはいくつかの治療法があり、対応する機器にも違いがあります。例えば、ガンマナイフは脳深部にできた脳腫瘍の小さな腫瘍に対応できるが、適応範囲は直径3cmまでなど、得意不得意があるのです。したがって納得の行く放射線治療を受けるためには病院にどのような機器が導入されていてどんな治療が可能なのかを知っておくことも重要です。マイナス面も含めてどんな効果があるのかを理解すれば安心です。放射線治療には聞きなれない用語があります。がん、放射線治療についてにまとめましたのでご参考にしてください。

放射線治療を試みた患者さん・ご家族の体験談

がんの種類別に実際に放射線治療を経験した人の話を紹介

放射線治療は有効ながんの治療方法の一つですが、どれほど効果があるのか、辛いがん治療をどのようにして乗り越え、現在はどんな気持ちなのかを知るには実際に経験した人の話を聞くのが一番です。 そこで放射線治療を受けたことがある患者さんの体験談を集めました。乳がん、子宮がん、消化器系がんなど種類別に分けて紹介していますので、ご自身の病状と重ね合わせてみてどういった心構えで臨めばよいか考える一助になれば幸いです。